!

あなたの人生が前向きに動き出す朝の10分間。J-WAVE 81.3FM MAKE MY DAY「NOMON YOUR WELLNESS」。

「人生100年時代」を迎え、健康寿命を伸ばしていくことが社会課題となっている中、歳を取ることに前向きで、自分らしい人生を全うできるプロダクティブ・エイジングの実現を目指し、「LIFE IS LONG.」というメッセージの元、最先端科学を食卓へ提供していくNOMONが送るラジオコーナー。

このコーナーでは、ステキに自分らしく人生を生きる「プロダクティブ・ライフ」をテーマに、毎月、素敵なゲストをひとりお迎えして、豊かなライフスタイルのヒントとなる体づくりやスポーツ、食などの話をお届けします。

今月は、全国の生産者から直接食材をお取り寄せできる「産直通販サイト 食べチョク」の代表である秋元里奈さんにお話を伺います。オンラインの直売場である食べチョク。このコロナ渦の中で様々な産地から新鮮な食材を購入できること、そして外食産業が厳しい状況の中で、生産者をサポートすることにも繋がると大きな注目を集めています。彼女のポジティブマインドで繋がった全国の生産者さんたちとの物語や食材に対する思いを紐解いていきます。

食べチョクは秋元さんがひとりで起業し、仲間と生産者を集め、登録生産者数3000件を超える規模にまで成長した。オフィスに住みながら、常に仕事の毎日を送る彼女だが、最近は自分のルーティーンに少し変化をつけるようにしているんだそう。

忘れていた感情を思い出すことも大事。

「わたしは起業してから平日はオフィスにこもって、土日はなるべく生産者さんを回る感じで、ずっと仕事100%でこれまでやってきました。自分の中で生産者さんと会うことが癒しの時間というか、休日みたいな感覚なのですが、最近は意図的に仕事以外の時間を作るようにしています。もちろん、仕事にストレスを感じているからとかでは無いんですけど、あえて非効率な時間の過ごし方をして全く仕事に関係のないことをやってみると、忘れていた感情を思い出したり、気づいたりすることが出来るって感じたんですね。最近は土日のどちらか1日をそういう時間に充てています」。

 

時間のすべてを仕事に使っていても、もともと仕事という感覚が無く、週末に農家を回るのが彼女にとっての癒しの時間。そんな秋元さんが最近大切にしているのはインプットの時間。事業とは別のことに時間を使うことで気づきが生まれ、それが事業に反映されて食べチョクのアウトプットとなる。事業以外での活躍の場が広がっていることもその理由なんだそう。

野菜や果物、魚などあらゆる食材が揃う食べチョクだが、秋元さんがおすすめする逸品を教えていただいた。

今までの概念が変わる食材。

「わたしの中で概念が変わったのはワサビですね。伊豆の生産者さんが作っている本ワサビなんですけど、わたしはもともとワサビがあまり食べられなかったんですね。でもこの本ワサビは本当に美味しくて、色んな料理につけて食べるくらいハマりましたね。あと、熊本のふく成さんという生産者さんの真鯛もおすすめです。この真鯛は冷凍で小分けにされて送られてくるんですけど、とにかく鮮度が抜群なんですね。本当に美味しいし、ひとり暮らしでも使いやすいから大好きです」。

自身の足で全国の生産者を回り、見極め、新鮮な食材が食べチョクという流通から全国に届けられる。実際に試しているから、自信をもって紹介できるのだ。彼女の朝ごはんを聞いてみたが、卵かけごはんの上にイワナのいくらをのせるというもの。卵は生産者によって餌が違い、それにより味や色合いなど特徴がまったく違うそう。最後に食べチョクが目指している今年の目標を訊いてみた。

高齢者の方への事業支援。

「わたしは食べチョクという事業をしっかりと多くの人に届けたいのが一番です。いま事業の中で最も力を入れているのが高齢者さんへの支援なんです。農家さんの平均年齢って67歳で高齢な方が非常に多いんですね。現在、食べチョクに登録している生産者さんの多くは40代から50代の若手と言われている世代なんですが、生産者さんたちの多くを占めているのがもっと上の年齢の方たちなんですね。食べチョクはその方たちも仲間になってもらって、良いものを作っていれば評価される世界を一緒に作っていきたいと考えております。わたしはこの1年2年で高齢者の方でも使えるサービスにすることをやり切りたいなと思っていますね」。

高齢化と効率で廃業に追い込まれる農業。良いものは良いと評価される食べチョクの流通を通して、それがわたしたちの美味しいや楽しいに繋がり、高齢化に苦しむ農家への支援となる。食べチョクという食の循環を通して是非今後も拡めていってもらいたい。

#01 LEARN MORE> 

#02 LEARN MORE>

#03 LEARN MORE> 

 

【プロフィール】
秋元里奈
食べチョク 代表
神奈川県相模原市の野菜農家に生まれる。 慶應義塾大学理工学部を卒業した後、2013年に株式会社ディー・エヌ・エーへ新卒入社。webサービスのディレクター、営業チームリーダー、新規事業の立ち上げを経験した後、スマートフォンアプリのマーケティング責任者に就任し合計4部署を経験。 2016年11月に農業分野の課題に直面し株式会社ビビッドガーデンを創業。2017年5月にこだわり生産者が集うオンライン直売所「食べチョク」を立ち上げる。リリース3年で認知度/利用率No.1の生産者特化ECに成長。2019年9月と2020年4月にフジテレビ系列「セブンルール」に出演。2020年4月にアジアを代表する30歳未満の30人「Forbes 30 Under 30 Asia」に選出。2020年9月よりTBSのニュース番組「Nスタ」の水曜レギュラーコメンテーター。オンオフ問わず365日24時間着ている「食べチョクTシャツ」がトレードマーク。
食べチョク
https://www.tabechoku.com

【番組インフォメーション】

J-WAVE 81.3FM MAKE MY DAY「NOMON YOUR WELLNESS」

「ココロとカラダが喜ぶ日曜日。」がテーマのJ-WAVE『MAKE MY DAY』内にて、毎週日曜日AM7:05-7:15にお届けしているNOMON YOUR WELLNESS。「人生100年時代」を迎え、健康寿命を伸ばしていくことが社会課題となっている中、歳を取ることに前向きで、自分らしい人生を全うできるプロダクティブ・エイジングの実現を目指し、「LIFE IS LONG.」というメッセージの元、最先端化学を食卓へ提供していくNOMONが送るラジオコーナー。

毎週日曜日 7:05am – 7:15am(10分コーナー)

ナビゲーター:前田智子

番組公式サイト

この番組はradikoでも聴取可能。タイムフリー機能では放送日から1週間に限り無料で視聴可能。

執筆

LIFE IS LONG JOURNAL編集部

 

LIFE IS LONG JOURNAL編集部。 ”LIFE IS LONG JOURNAL”は「人生100年時代」を迎え、すべての人が自分らしく充実した人生を歩んでいくための「健康寿命」を伸ばすために役立つ情報を発信するメディアです。

この記事をシェア

Recommend