!

あなたの人生が前向きに動き出す朝の10分間。J-WAVE 81.3FM MAKE MY DAY「NOMON YOUR WELLNESS」。
「人生100年時代」を迎え、健康寿命を伸ばしていくことが社会課題となっている中、歳を取ることに前向きで、自分らしい人生を全うできるプロダクティブ・エイジングの実現を目指し、「LIFE IS LONG.」というメッセージの元、最先端科学を食卓へ提供していくNOMONが送るラジオコーナー。
このコーナーでは、ステキに自分らしく人生を生きる「プロダクティブ・ライフ」をテーマに、毎月、素敵なゲストをひとりお迎えして、豊かなライフスタイルのヒントとなる体づくりやスポーツ、食などの話をお届けします。

今月は、全国の生産者から直接食材をお取り寄せできる「産直通販サイト 食べチョク」の代表である秋元里奈さんにお話を伺います。オンラインの直売場である食べチョク。このコロナ渦の中で様々な産地から新鮮な食材を購入できること、そして外食産業が厳しい状況の中で、生産者をサポートすることにも繋がると大きな注目を集めています。彼女のポジティブマインドで繋がった全国の生産者さんたちとの物語や食材に対する思いを紐解いていきます。

2016年に26歳の若さで起業し、この食べチョクを立ち上げた秋元さん。農業の経験も無かったのに、この業界に飛び込んだきっかけを伺った。

 

自身のルーツが導いた新たな流通販路の開拓。

 

「わたしの実家はもともと農家なんですね。わたしは小さな時から畑で育ってきました。でも、中学生の時に廃業しまして、そこから農地は何も使っていない状態だったんですね。両親からはずっと農業は継ぐなと言われていたので、わたしはIT企業に就職したんです。社会人になって実家に戻った時に、ふと畑を見に行ったんですね。あのキレイだった畑が、もう何年も手をつけられていなかったので、荒れ果てた耕作放棄地になっていました。なんで農業を辞めてしまったんだろうって思いが湧いてきて、そこから色々な生産者さんにお話を聞きにまわったことが、一番最初のキッカケになったと思います。手間暇かけて生産方法にこだわっても、それが価格に反映されるわけではないので逆に利益が減ってしまうとか、選択肢がとにかく少ないなと思ったんですね。売るための販路の選択肢が非常に少ないことに議題感を感じて、それであれば、直接消費者に売ることができないか考えたところで食べチョクがスタートしました」。

子供の頃に見ていた畑の景色。一度は社会人として就職するも秋元さんのルーツに対する熱い思いが、食べチョクのスタートへと導く。農業の新たな流通販路を開拓する新サービスとして注目を集め、このコロナ渦のいま、利用者も急増しているという。順調な成長を続けている食べチョクだが、スタート当時は大きな苦労があったんだという。

 

とにかく一軒一軒まわって。

 

「わたしは農業という業界が初めてだったので、信頼もないし人も知らないので、仲間集めだったり、生産者集めには非常に苦労しました。最初は登録してくださいって、生産者さんのところをまわっても、なかなか賛同を得ることが出来なくて、「君みたいなサービスって今までもたくさんあったから」って断られたことが多かったですね。でもそんな中でも、とにかく一軒一軒まわって、どうして立ち上げたいのか自分の思いをお話しして、どちらかというと生産者さんたちに協力してもらう形で増やしていった感じですね」。

IT業界から農業の世界へ。スタート当初の苦労の連続も、両親が経験した農業の厳しさを何とか変えられないかという熱い思いが彼女を乗り越えさせた。現在では3,000を超える生産者が登録するまでに成長した食べチョク。その成功の秘訣は秋元さんの実直な姿勢があったからだと思う。

 

Face to Faceが実を結ぶ。

 

「よく生産者さんたちに、現地に足を運んで直接話にくる人がなかなかいないって言われましたね。わたしは農業が全然詳しくないので、「農業を教えてください」とお願いして一緒に作業したりしました。営業しに行くというよりも、農業を学びに行くという姿勢で農家さんとお話させていただいていたんですね。そのこともあって、農業に対するわたしの想いは理解していただけたんじゃないかと思っています。やっぱり、Face to Faceで向き合わせてもらうことが大事なことだと感じています」。

実際に生産地に足を運び、学ぶ姿勢を忘れずに対面すること。実績もなにも無い状況で信頼を勝ち取るためには、Face to Faceのコミュニケーションがもっとも大切だ。秋元さんが実践したこの方法、このコロナ渦では難しいが、実際に足を運ぶことの重要さを改めて感じた。食べチョクのサイトを見ると、日本全国の様々な生産者が登録されている。これこそが、秋元さんの情熱が身を結んだ形であり結果である。旅行にも行けない状況の中だからこそ、ぜひ様々な産地の食材を楽しんで欲しい。

【プロフィール】
秋元里奈
食べチョク 代表
神奈川県相模原市の野菜農家に生まれる。 慶應義塾大学理工学部を卒業した後、2013年に株式会社ディー・エヌ・エーへ新卒入社。webサービスのディレクター、営業チームリーダー、新規事業の立ち上げを経験した後、スマートフォンアプリのマーケティング責任者に就任し合計4部署を経験。 2016年11月に農業分野の課題に直面し株式会社ビビッドガーデンを創業。2017年5月にこだわり生産者が集うオンライン直売所「食べチョク」を立ち上げる。リリース3年で認知度/利用率No.1の生産者特化ECに成長。2019年9月と2020年4月にフジテレビ系列「セブンルール」に出演。2020年4月にアジアを代表する30歳未満の30人「Forbes 30 Under 30 Asia」に選出。2020年9月よりTBSのニュース番組「Nスタ」の水曜レギュラーコメンテーター。オンオフ問わず365日24時間着ている「食べチョクTシャツ」がトレードマーク。
食べチョク
https://www.tabechoku.com

 

NOMON YOUR WELLNESS OCTOBER INTERVIEW

 

#01 LEARN MORE >

#02 LEARN MORE >

#03 LEARN MORE >

【番組インフォメーション】

J-WAVE 81.3FM MAKE MY DAY「NOMON YOUR WELLNESS」

「ココロとカラダが喜ぶ日曜日。」がテーマのJ-WAVE『MAKE MY DAY』内にて、毎週日曜日AM7:05-7:15にお届けしているNOMON YOUR WELLNESS。「人生100年時代」を迎え、健康寿命を伸ばしていくことが社会課題となっている中、歳を取ることに前向きで、自分らしい人生を全うできるプロダクティブ・エイジングの実現を目指し、「LIFE IS LONG.」というメッセージの元、最先端化学を食卓へ提供していくNOMONが送るラジオコーナー。

毎週日曜日 7:05am – 7:15am(10分コーナー)

ナビゲーター:前田智子

番組公式サイト

この番組はradikoでも聴取可能。タイムフリー機能では放送日から1週間に限り無料で視聴可能。

執筆

LIFE IS LONG JOURNAL編集部

 

LIFE IS LONG JOURNAL編集部。 ”LIFE IS LONG JOURNAL”は「人生100年時代」を迎え、すべての人が自分らしく充実した人生を歩んでいくための「健康寿命」を伸ばすために役立つ情報を発信するメディアです。

この記事をシェア

Recommend