!

あなたの人生が前向きに動き出す朝の10分間。J-WAVE 81.3FM MAKE MY DAY「NOMON YOUR WELLNESS」。

「人生100年時代」を迎え、健康寿命を伸ばしていくことが社会課題となっている中、歳を取ることに前向きで、自分らしい人生を全うできるプロダクティブ・エイジングの実現を目指し、「LIFE IS LONG.」というメッセージの元、最先端科学を食卓へ提供していくNOMONが送るラジオコーナー。

このコーナーでは、ステキに自分らしく人生を生きる「プロダクティブ・ライフ」をテーマに、毎月、素敵なゲストをひとりお迎えして、豊かなライフスタイルのヒントとなる体づくりやスポーツ、食などの話をお届けします。

 

今月は、元サッカー日本代表として活躍し、現在はAuB株式会社 代表取締役を務める鈴木啓太さんにお話を伺います。2000年に浦和レッズに入団、16年間浦和でプレイし、ベストイレブンに2度受賞するなど輝かしい功績を残し、日本代表のMFとしてもオシムジャパンで活躍されてきました。鈴木さんは現役引退後、アスリートの腸内環境の分析を行う、スタートアップ企業AuBを設立。700人以上のトップアスリートの腸内細菌研究をベースに、コンディショニングサポート事業やフードテック事業など多岐にわたり展開しています。

 

16年間もの長い現役時代、浦和レッズや日本代表として活躍してきた鈴木啓太さん。自身のコンディショニングと腸内環境に注目するようになったキッカケ、そして起業した当時のお話を伺った。

 

現役時代に気づいた腸内環境とコンディショニングの結びつき。

 

「ボクはこれまでのアスリートとしての経験から、腸内環境がアスリートにとって、もっとも大切なコンディショニングに大きく結びついていることを感じていたんですね。現役引退後にこれをなんとか事業化して、アスリートたちをサポートできないかと考えていました。そのひとつには、腸内の細菌で、デブ菌とヤセ菌の発見が大きかったんですけど、アスリートの腸内最近を調べたら、これよりもっと大きな発見ができるのではないかと考えたんです。そして、この考えを今のAuB立ち上げメンバーと話をしている時に、これを事業にした会社をつくろうって盛り上がったんです。事業化した時の自分って、特別なにか考えていたとかでもなく、わかってないから出来たんだって感覚でしたね。事業を起こす、会社を設立する時って、たくさんやらなくてはならないことがあるじゃないですか。本当に大変なことが次から次に出てくるわけですよ。大変だって知っているから、踏み出せない人がたくさんいるとは思うんですけど、ボクの場合、まったくわからなかったし、躊躇するような意識自体が無かったので、とりあえずやりたいことは必ずやる!って感覚でAuBという事業を始めました」。

 

自らの感覚を信じて、事業をスタートしたという鈴木さん。そこには、プロアスリートとしての経験値から気づいた腸内環境とコンディショニングの関係性があった。常にパフォーマンス向上を大切に考え、フィジカルやコンディションに気を使うアスリートならではの視点。腸に対する関心は幼少期、母からの影響だったという。

 

お腹のコンディショニングの実感と確信。

 

「腸を整えることを大切にしてきたのは子供の頃からですね。調理師だった母の影響で、人間は腸が一番大事だって教えられて育ちました。子供だったからよくわからずに『お母さん、なに言ってんだろう』って感じでしたが、なんとなく大事なんだろうなって感覚は持っていたと思いますね。プロ選手になってからも、お腹のコンディショニングみたいなことをやりながら、現役生活を続けていくんですけど、お腹のコンディショニングとパフォーマンスってすごく繋がっているなって実感できたんです。その時はエビデンスベースで、アスリートと腸内細菌の研究なんてものはあまり無かったんですけど、ボクの中では確信があったというか、絶対になにか面白くなるなと。じゃぁ、自分でやってみようってそんな感じでしたね」。

 

第二の脳ともいわれている腸。腸内環境を整えることで、健康寿命にも繋がるなど、人間の健康な生活を送る上で重要視されている。人の腸内には500〜1000種類もの腸内細菌が存在し、食べた食物を分解し吸収している。これらの腸内細菌が集まり、生態系となって腸内に存在することを腸内フローラという。昨今では、腸活を意識的に行う人が増えるなど、一般の方々も注目している。鈴木さんは自身の現役時代の体験をもとに、早くから注目していたそう。

 

お腹の温度を上げることが大切。

 

「高校生くらいから、腸内細菌の入ったサプリメントを飲んだり、食事の後には必ず温かい緑茶を飲んでいました。お腹にお灸をしたり、常にお腹を温めていましたね。緑茶じゃなくてもいいんですけど、温かい飲み物を飲むっていいことなんですよ。昔から日本人って食後にお茶を飲むじゃないですか。お腹の温度を上げることって、腸内環境を整えるうえでも大切なんです」。

 

幼少の頃から腸の重要さを感じ、高校生から現役時代を通して様々な努力やケアを行なっていた鈴木さん。レジェンドと呼ばれている活躍の裏には、腸を整えるための様々な努力があった。現在、代表取締役を務めるAuB株式会社では、トップアスリートから得た1400以上の検体を解析し、「すべての人をベストコンディションに。」を目指して、腸内環境を改善するプロダクトを生み出している。

 

 

【プロフィール】

鈴木啓太

元サッカー日本代表。AuB(オーブ)株式会社代表取締役。静岡県に生まれ育ち、小学校時代は全国準優勝。中学校時代は全国優勝を成し遂げ、高校は東海大翔洋高校へ進学。その後、Jリーグ浦和レッズに入団。その年にレギュラーを勝ち取ると2015年シーズンで引退するまで浦和レッズにとって欠かせない選手として活躍 。2006年にオシム監督が日本代表監督に就任すると、日本代表に選出され、初戦でスタメン出場。以後、オシムジャパンとしては唯一全試合先発出場を果たす。

https://aub.co.jp

 

#01 LEARN MORE> 

#02 LEARN MORE>

#03 LEARN MORE> 

 

【番組インフォメーション】

J-WAVE 81.3FM MAKE MY DAY「NOMON YOUR WELLNESS」

「ココロとカラダが喜ぶ日曜日。」がテーマのJ-WAVE『MAKE MY DAY』内にて、毎週日曜日AM7:05-7:15にお届けしているNOMON YOUR WELLNESS。「人生100年時代」を迎え、健康寿命を伸ばしていくことが社会課題となっている中、歳を取ることに前向きで、自分らしい人生を全うできるプロダクティブ・エイジングの実現を目指し、「LIFE IS LONG.」というメッセージの元、最先端化学を食卓へ提供していくNOMONが送るラジオコーナー。

毎週日曜日 7:05am – 7:15am(10分コーナー)

ナビゲーター:前田智子

番組公式サイト

この番組はradikoでも聴取可能。タイムフリー機能では放送日から1週間に限り無料で視聴可能。

執筆

LIFE IS LONG JOURNAL編集部

 

LIFE IS LONG JOURNAL編集部。 ”LIFE IS LONG JOURNAL”は「人生100年時代」を迎え、すべての人が自分らしく充実した人生を歩んでいくための「健康寿命」を伸ばすために役立つ情報を発信するメディアです。

この記事をシェア

Recommend