話しかけても素っ気ない返事。

ちらりと様子をうかがうと、仏頂面で仕事をしている。

不機嫌な人が近くにいると、気になってしまうものです。

普段から接する相手はもちろんのこと、電車の中やレストランで不機嫌オーラを発している人が気になる、なんて場合もあるかもしれません。

不機嫌とは「イライラや不満が漏れ出ている状態」ということができます。

イライラしたときに、大声で怒鳴る人もいれば、舌打ちやため息、乱暴にドアや引き出しを閉めるなど、さまざまな表現方法があります。

それを見た人が、「あの人、不機嫌そうだな」と思うわけです。

 

不機嫌の原因はたくさんありますが、「不快」がその代表です。

暑さ、湿度の高さ、睡眠不足で眠い、空腹、騒音。

こういった環境や生理的なことも関係しています。

あとは、「余裕のなさ」も不機嫌スイッチをオンにしやすいものです。

時間がなくて、仕事が思うように進まない。

締め切りが近づいているのに、いいアイディアが浮かばない。

 

こうして見てみると、どうでしょう。

コントロールするのが難しいことが多いと思いませんか。

自分のことならばまだしも、他の人のこととなると、お手上げです。

不機嫌はその人のもの、ともいえます。

私たちが手出しできない範囲のこと、と割り切ることもひとつです。

 

ただ、同じチームに不機嫌な人がいて、放っておくというのも忍びないものです。

ヒントのひとつとして、自我消耗(Ego depletion)という現象を紹介します。

人間が我慢や自制をするときには、認知資源(注意力や集中力を働かせるなどの脳の活動のためのリソース)を消費するため、あるひとつの領域で我慢や自制をしていると、認知資源が消耗され、他の領域での自制が難しくなり、冒頭で触れた「イライラや不満が漏れ出ている状態」につながるのです。

 

「一人でなんとかしなくてはいけない」

「不満があっても飲み込むべきだ」

「自分の希望や願望は言わないようにしなければ」

 

不機嫌の裏では、こんな目に見えない我慢や自制が働いているかもしれません。

それに対して、「いいんだよ」と言うことはできます。

もしかしたら、自分自身に対しても、同じことが言えるかもしれません。

まもなく、日本の梅雨がやってきます。

誰が悪いといった話ではなく、不快になるのも自然なこと、と思えるような湿度の高さです。

 

「いいんだよ」

 

我慢や自制の呪縛をといて、備えておくのもよさそうです。

 

【参考文献】

Hagger MS, Wood C, Stiff C, Chatzisarantis NLD:Ego depletion and the strength model of self-control:a meta-analysis. Psychol Bull (2010) 136,495-525.

執筆

博士(心理学),臨床心理士,公認心理師

関屋 裕希(せきや ゆき)

 

1985年福岡県生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、筑波大学大学院人間総合科学研究科にて博士課程を修了。東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野に就職し、研究員として、労働者から小さい子をもつ母親、ベトナムの看護師まで、幅広い対象に合わせて、ストレスマネジメントプログラムの開発と効果検討研究に携わる。 現在は「デザイン×心理学」など、心理学の可能性を模索中。ここ数年の取組みの中心は、「ネガティブ感情を味方につける」、これから数年は「自分や他者を責める以外の方法でモチベートする」に取り組みたいと考えている。 中小企業から大手企業、自治体、学会でのシンポジウムなど、これまでの講演・研修、コンサルティングの実績は、10,000名以上。著書に『感情の問題地図』(技術評論社)など。

この記事をシェア

Recommend